川崎市で注文住宅をする場合の目安としての料金、依頼出来る業者の比較、ローンの見積もり、実際の注文住宅など、例を交えてご説明致します。現在川崎市に住んでいる、もしくは近いうちに引っ越すご予定がある方。注文住宅を検討しているが、どの業者に頼めばいいの?料金は?と悩んでいらっしゃる方も多いかと思います。一口にハウスメーカーといっても長所短所はさまざまで、地域密着型、お客様とのコミュニケーションやヒアリングを大切にしている、コストダウンに特化している、デザイン性に優れた設計、など得意とする分野は多くあります。ここでは注文住宅をご検討されている方向けに、気候や立地の特徴や、おすすめするポイントをまとめています。一生に何度も無い機会ですので、是非じっくりと、ご自分の理想や予算と照らし合わせて、比較してみて下さい。

どのような気候か。過ごしやすさを把握しましょう

川崎市の気候は、温暖帯で、高水量が多いのが特徴です。場所について見てみると、都心と隣接しながらも、農地や住宅街も内包しています。川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区。7つの区からなる細長い市です。面積は小さいですが、県庁所在都市以外の市では人口が最も多いのも特徴。人口が多い都市のメリットとしては、交通の便が良い事、買い物がしやすいなどの便利さがあります。家を建てるにあたって、居住地域の気候や土地価格、風水は大きなポイントですので、詳しく知って抑えておきたいポイントです。ハウスメーカーとやり取りする時にも、あらかじめ自身で情報を把握しておけば、スムーズに話し合いが進むでしょう。とはいえ、ある程度おまかせして決定してくれるハウスメーカーもありますので、思い切っておまかせしてしまうのも一つの方法です。

業者選びと費用についてじっくり考えてみましょう

ハウスメーカーを選ぶ段階で、年単位で時間をかけるのは決して大げさなことではありません。人生の中で最も大切とまで言える大きな買い物ですので、安易に決めてしまって後悔する、という事は絶対に避けるべきです。その代わり、納得いくメーカー選びをしたのであれば、あとはプロの方々ですので、意見を大いに参考にしてプロまかせにしてしまっても良いでしょう。土地についてのお金の流れを大まかに説明すると、土地代の10%を手付金として最初に支払う必要があり、残りの90%は後払いになる、という場合が多いです。純粋な住宅建設費と土地代以外にも、諸経費がかかります。不動産業者への仲介手数料。これは契約時に半分、引き渡し時に残り半分を支払います。料金は、「土地代金の3%+6万円+消費税」になります。土地売買契約書に貼る為の印紙代、登録免許税、司法書士に依頼する場合はその報酬等も、費用に入れる事をお忘れなく。